八街市立八街中学校長

林  幸 史

 

  学校教育目標

 校訓「拓道」のもと,新しい時代にたくましく生きる力を持った生徒の育成



〇基礎学力を身につけ,
   自ら考え主体的に学び合う生徒
〇自ら自分を律することのできる生徒
〇思いやりの心をもち,協力する生徒
〇自ら考え判断し行動できる生徒



【学校教育目標の設定にあたって】


 本校の教育目標は生涯学習の基礎を培うという観点に立ち「自ら学び合う意欲と社会の変化に主体的に対応できる、心豊でたくましい人間の育成」を図ることを基本的なねらいとしています。一人一人が自分の生き方や考え方を見つめ、自分らしく生きることができる教育、学習者である生徒が学習に対する意欲をしっかり持ち続けることのできる教育を目指していきたいと考えています。
 そのためには、一人一人が主体的に「自ら考え、意欲を持って進んで学び合おうとする生徒」 「自ら自分を律することのできる生徒」「思いやりをもち、認め合い、励まし合い、協力し合う生徒」「自ら考え判断し行動できる生徒」を育成することを目指して設定しています。


【学校教育目標の実現を目指して】

 学校教育目標の実現を図るために、

「魅力ある学校づくり~花と歌声の響く~」(心の教育)

を推進します。

 

(1)学力の向上

新しい学び合い学習の実践 (学び)

 

(2)規範意識の向上

継続指導6項目の徹底 (自立)

 

(3)学校・家庭・地域との連携

子どもたちを健全に育成(共生)

 

日常の生活目標として、

挨拶・返事・清掃・合唱(挨・返・清・合)を推進しています。

 

拓道~昭和25年の沿革史より


  1. 礼儀は民主的社会人としての根本資質であり、人間性の中核である。「礼に始まり礼に終わる」教育の要諦これにつきる。
  2. 自習は、学習の究極である。人生の行路は難山にあらず水にあらず。唯自己研鑽の連続である。自主的学習こそ学習の本質であり大道と確信する。
  3. 清掃は、学校生活に於ける勤労の唯一の機会として考えたい。これを通して勤労愛好の精神を養い近代職業人としての重要な資質を啓蒙する。
  1. 学力の向上 学び合い学習の実践(学び)
  2. 規範意識の向上 継続指導6項目の徹底(自立)
  3. 学校・家庭・地域との連携 子どもたちを健全に育成